英借文辞典
   「お」⇒「お役に立てることがあればお知らせ下さい(文尾)」
  
「な」⇒「何かお役に立てることがあればお知らせ下さい(文尾)」

   「や」⇒「役に立てることがあればお知らせ下さい(文尾)」

手紙・FAX・Eメールの最後に「何かお役に立てることがあればお知らせ下さい」と付け加える表現です。
状況に応じて借文しましょう。

状況
何かお役に立てることがございましたら、何なりとお知らせ下さい
個人的に * Please let me know if there is anything I can do for you (you need anything further).
* If there is any way I can help, please let me know.
* Please let me know if I can be of any assistance (help) to you.
                  (下線部分の代りにカッコ内もOK)
* Please feel free to contact me if I can ever be of help to you.
会社・お店として * If there is anything we can do to help you, please let us know.

* If there is anything that our company can do to assist, please feel free to drop me a note (a line) anytime.  (下線部分の代りにカッコ内もOK)
  当社として何かお役に立てることがあれば、(手紙・FAX・Eメールで)ご一報下さい。

* Should you have questions or need further assistance, please contact the Customer Service Department at the above phone number 7 a.m.-- 9 p.m., 7 days a week.  
  また何かお役に立てることがございましたら、毎日7時から9時まで顧客サービス部
  の上記お電話までご連絡下さい.


* Please let us know if we can assist you in any way.  
  何かお役に立てることがございましたら、お知らせ下さい


* If there is anything I can do for you or your associates coming to Japan, please do not hesitate to write me.  
  日本に来られる貴方又はお友達に何かお役に立てることがございましたら、私までご一報下さい